テーマ:風景

電線の空

晴れていた空が 厚い雲で暗くなり 少しだけ日の差す夕方に 歩道橋から遠くの町を眺める
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曇る夕空

冷たい風が吹く場所で 町の明かりが灯るのを待つ 夕焼けが見られると思ったが 今日は日が差さないまま日が沈む
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

電車

川崎の町を多摩川に沿って走るのは 初詣の人をお大師様まで運ぶ京急大師線 正月には干支のマークを付けている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夕日

2011年元日の夕日は曇りの夕焼けだった 年末は少しブログを休みましたが また今年もよろしくお願いします
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川沿いの道

すっかり冬の桜木の中を 川沿いに歩いて行く 乾いた風が顔を過ぎると 足が先に出なくなる 雪が降りそうなほどの冷たい風 明日も晴れるといいのに
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロエの川

変わりゆく町から逃れて 川伝いに辿り着いた所は 昔から変わらない風景の残る 谷間に続く古い町だった 何度この川のねきを歩いたことだろうか 勉強に疲れて落ち込んだとき することがなくて時間を持て余したとき 欲しいものを探して疲れてしまったとき 思い出すといつでもこのあたりに流れ着く アロエの花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨上がり

雨の後の道に 水溜りがあれば避けて通るだろう 道端の水には 波の立つ港の水面には映らない 町と空が見える
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊園地

眩しい日差しは暖かく この冬は暖かいのか それとも今だけの暖かさなのか 散策にはとてもいい気候だ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅前の公園

すっかり葉の落ちた木々の中に まだ黄色い葉の残る木もある 色の消えた町の公園に 緑の色が見えるのは しばらく先のことだ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日の海

シーバスが海を滑るように過ぎてゆく 約束の時間まではまだ暇があり 今はどこへ行こうかもわからない 橋の上から戻るのか 先へ行ってもどこまでで折り返すのか 何を考えても全てが面倒になり 今からのことはみんな投げて捨てて 一番恋しい懐かしい場所へ 逃れるように行ってしまいたくなる 観覧車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more