テーマ:田圃

湿る稲

雨は朝から降り出し 昼の間止むことなく降り続け 夕刻には激しい降りとなった 町のところどころにある田圃の稲は 乾いては雨に濡れ また秋の風に吹かれて 米になっていくのだろう
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雨上がりの田圃

田圃の畦は草が生い茂り 僅かな獣道も覆い隠されている 記憶に残る道のあたりを 探りながら足を進める 稲刈りも終わったこの道を 今までに何度通ったことだろう そのたびに前の年 そのまた前の年の風景を 思い出してみては 気が滅入るように 今の空はどんよりと低い 雨もがった田圃の風は 湿…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八月の蜻蛉

田圃の水はさらさらと 涼しげな音で用水路から注ぐ 稲穂の上をトンボが飛び交う 八月は終わってしまう 夏が終わるという感覚がない 残暑の厳しい中で 今、八月が終わる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more